元日本国籍の受賞者たち

日本になにかといちゃもんをつけてくる国と言えば、お隣の某国ですよね。同じモンゴロイドで、同じ国土面積の小さな小国ながら、生活水準、技術力、経済力など、国力に直結するようなあらゆる分野で自国の上を行かれてしまうのですから、嫉妬もするのでしょう。
そんな某国は、日本のノーベル賞受賞にもいちいちチャチャを入れてくるようですね。かつて中村教授がノーベル賞を受賞した時、「中村教授は日本生まれ、日本育ちではあるけれど、現在の国籍はアメリカだ。今回の受賞で日本出身のノーベル賞受賞者が19人、日本国籍者は17人となった。」などと中央日報で報じたそうです。
なんかもう、相手にするのもバカバカしい内容ですね。程度が低すぎる。そんなどうでも良いことをわざわざ記事にするなんて、よほど平和でニュースのない国なのでしょう。ちなみに某国のノーベル賞受賞者は一人か二人です。ノーベル賞といっても、自国でのニュースがないのだから仕方ないかもしれません。でも、日本国籍者17人て書いてて、悲しくならないのでしょうかね。自国は片手の指ですら余る程度の受賞者数なのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です